[映画]パージ -PURGE-

全米大熱狂のエクストリームスリラー「パージ」がDVDレンタル開始。どんな映画なのか?

PURGEの設定とはじまり

1年に1回夜7時から翌朝7時までの12時間だけ殺人を含むあらゆる犯罪が合法化されるというなんともぶっ飛んだ設定。なぜ、このような夜が法律で認められているかというと、単純に市民の鬱憤晴らし。パージ制度の導入により、富裕層が貧困層を狩りまくるという事態になるが、それにより、貧困層は減り、犯罪率と失業率が低下するという皮肉な流れになり、パージ制度はアメリカで定着していった。しかし、そんな中、富裕層の住宅街に住む警備システム会社勤務のサンディンの家に、狩りの対象となった黒人のホームレスが助けを求めてくる。サンディンの息子はホームレスを助けるため、そのホームレスを家に招き入れて匿ってしまい、そこから、悪夢のような出来事が展開していく。

PURGEを見た感想

登場人物なんか全員バカ。ホラー的な要素もかなり含んでる作品なので、バカがいなくちゃ話にならない。しかし、それにしても、見ていて「なぜそうなる?」と思わせることばかり。パージという制度に適応できない割に、サバイバル能力が高い主人公とか。なぜ、そこでガムテープなのか?とかいろいろおかしな点ばかり気になってしまい、結局、もやもやしたまま終わってしまった。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です